スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オオバコゲリラの闘士

新宿内藤町のラケヤキという素晴らしい邸宅で、
PLANTAGOの田瀬理夫さんのレクチャーの第1回があった。

田瀬さんといえばACROSS福岡…屋上緑化、しかも自然をお手本にした屋上緑化に
携わる身としては、偉大すぎる先駆者なわけで。
その田瀬さん直々の講義が聴けるなんてラッキーと言うことで、
光速で申し込み、いそいそと出かけてきたのです。

※写真は、今日の午前中に浄明寺あたりで撮ったので関係なす

P4071958.jpg
オオシマザクラ

聞き手で進行は西村佳哲さん。
けっこう前に座ったので、その優れた聞き手ぶりを間近で見ることができたけれど、
そうだな、風林火山の「静かなること林のごとし」と言う感じの方だった。

田瀬さんの比較的率直で感覚的な言葉を鋭く拾い上げて
説明を求める、そんな雰囲気があって、
すでに長いインタビューを経て田瀬さんと信頼し合ってる感じがとても伝わってきた。

その様子を見るだけでも、とても勉強になる。

続きを読む

新しい公共って何だ?

千葉市緑区のニュータウンおゆみ野に関わってはや4年。
鎌倉勢には「実在するの?」と言われる体たらく…
いやはや、力不足で面目次第もないでございます。

ふだんはおゆみ野の森で、やっぱりみちくさ食ったりしてるわけですが、
今日は、真面目に千葉県庁主催のワークショップに参加してみた。

P4050002xx.jpg

はい、かぶり気味…

続きを読む

御谷越え

ひきつづき、4月1日のはなし。
はたけ部が終わったあと、北鎌倉から
おうちのある二階堂へ抜ける違う道を教えてもらったので行ってみた。
普通は、巨福呂坂を越えて、鶴岡八幡宮を横切るか回るかして戻るか、
亀ガ谷切り通しを越えて駅前に出て戻るか、しかないので、
さっそく試してみた。
あ、源氏山に出て鎌倉駅に至るというハードなコースもあるか。

巨福呂坂は越えるので、一緒と言えば一緒だけど…
選択肢は多い方がよいのです。

P4011527x.jpg

やっぱり、ハクモクレン

続きを読む

北鎌倉巡航

はたけ部のあと、北鎌倉を部員のみなさんとぶらぶら。
新しい企みもいろいろ。

北鎌倉は、どのお家も庭に力を入れていて、品がいい。
なんともいえない居心地の良さ。

P4011496.jpg

またしても、眠いので写真でごまかせわっはっは(汗

続きを読む

はたけ部と春の光

4月1日はたからの庭のはたけ部がいよいよ始動。

ちょっと遅いけど、ジャガイモの種イモを植えつけたったー。
2年の研究の結果、イモは大丈夫との結論に至ったからである(笑)
おいしく頂くのが楽しみね。

P4011481.jpg


いよいよ、たからの庭も春本番。
雨の水分もあって、急加速しておる。

続きを読む

プランツウォーク!

間があいちゃったけど、3月25日は浅草でプランツウォーク!

もともとは、柳生真吾さんといとうせいこうさんが二人で
植物のことをまったり喋りながら歩くのをUST中継&Youtubeで番組配信だったのが、
にもなったし、
初の試みで、お二人のトークを聞きながら一般参加の人たちも一緒に歩こうという企画だった。

普通、僕のみちくさ部もそうだけど、プレゼンターが1~3人いて、
あとの人は聞くって感じだけど、今回はお二人のトークを覗き見ながら歩くって感じ。
せいこうさん曰く「途中から覗かれてるの忘れてた」とのこと。へええ~不思議な感覚。

P3251200.jpg

でも、遠くの人は?って思いきや、ちゃんとマイクで拾った音を
イヤホンで聴けるように、端末が配られた。なるほど。
最近は小型メガホンも多いからどうしても「声を大きくする」と言うほうを
イメージしちゃうけど、端末を配るという発想はなかった。


初の試みということで集まった25人あまりは比較的顔見知り同士が多くて
和気あいあいといったところ。僕もフェイスブックであらかじめ話してた方が多かったので、
最初はおとなしくしてたけど、あとは自由に遊んでしまった(笑)

続きを読む

椿と客人

3月24日は、みちくさ部が2周年。お客さまひとりの時もありました。
それも、めちゃめちゃ楽しかったけど。強がりでなしに。

24日のみちくさ部レポート↓ @たからの庭ブログ
http://takaranoniwa.com/blog/2012/03/324.html
http://takaranoniwa.com/blog/2012/03/324-1.html

どうにかこうにか2年。
ありがとうございます、を何回言えばいいのか見当もつかない。
でも、ありがとうございます。

P3240948x.jpg



その間に、僕自身がたからの庭の自然に少しずつなじんできて。
なんとなくリズムが分かってきて。

その過程をライブで皆さんにお見せしているような、そんなみちくさ部。

もっともっと、型にはまらない見せ方、考えていきたいと思います。
どうぞお楽しみに!

そして、また巡ってきた3月。
思わず「どんなバラもこの椿にはかなわないよ…」と口走った、
たからの庭の深紅の椿。

不思議なんだけど、去年の3月21日、あの椿の写真撮っていないのです。

続きを読む

風景の種

3月20日の話のつづき。
そしてみちくさ部やらのお話がありんすので、これでまとめ(汗)

最近使われる言葉で、「ラ系」というのがあって、
ラ、とは、ランドスケープの略。
ランドスケープ関係者が名乗っているのだけど、
ランドスケープってなんぞやと。よく言われる。

庭師とも造園業とも微妙に違う、
造園設計というか、風景計画の業界ということなのです。

Landscapeの日本語訳はなかなかにむつかしい…


いちおう、その職能のはしくれでもあるわたし。

風景を操る人々という風にいきたいのだけど、
現実はそうでもないので、研鑽が必要なのです。
3月20日のおゆみ野みちくさ部はそういう風景の種を探す旅でもありました。

P3200668.jpg

はてさて、泉自然公園を出た一行はおゆみ野市街地に戻り、
ニュータウンの中に旧集落の樹林があるというポイントに!

巨大な杉の木がそびえておりました。
こういう風景、もっとあったほうが美しいよね。

よりどころ、よりしろ、よすが、いろいろ言い方はあるけど。
ただ箱が並んでいるだけのような住宅街よりも、
なにか鍵となる風景があるってとても安心すると思う。

P3200675.jpg

獅子咲きの椿!

続きを読む

星の瞳

3月20日のつづき。昭和の森から歩いて土気駅。
土気駅からJR外房線に乗って鎌取へ。

車中にて、沿線にそってヤドリギを探す。
街道沿いは、チームヤドリギの誰かが車で見ているはず…たぶん2か所くらい追加できそうだ。

鎌取コミュニティーセンターで今日のメンバーと合流。
主に、おゆみ野の円卓会議をいっしょに仕掛けるメンバーだ。

市議の福谷さん、クールなつっこみTさん、スパコンのような実務力が光るOさん、
あとは、おゆみ野の植物をものすごい勢いで見て回ってるブロガーのあずきさん。

P3200610.jpg
タネツケバナ。これは本家。
種を漬けるころ咲くから。

おゆみ野、あるいは緑区の根っこの景観を見に行くという趣旨なので、泉自然公園を選択。
谷津があって、台地が入り組んでいるところ。

続きを読む

3月20日の朝、灰色

3月20日(火)は春分の日。
いつの間にすっかり日が長くなった。

おゆみ野のまちづくり関連の企画で、サイエンスカフェの遠足を
することになったので前日から千葉入り。

つまりは、みちくさ部をおゆみ野で!
でも、今回はあえて、おゆみ野地区だけじゃなくて、
その周りを巡ることにした。

もちろん、みちくさはどこでもできるってのがモットーだけど。
ニュータウンおゆみ野のまちづくりに関わる皆さんをお連れするから、
この地域の根っこの植生を見てほしいって思ったのだ。
書くべきことが山のようにあるので、少しずつ。
まずは、昭和の森について。

千葉市ユースホステルに泊まったので、昭和の森をぶらぶらと土気駅まで。
不便極まりないけど、こういうことができる宿はそんなに多くない。

P3200550x.jpg

春を告げるウグイスカグラ。林床の樹。


P3200577x.jpg

種は飛んでしまっただろうけど、サワラの球果がお行儀よく

続きを読む

プロフィール

清右衛門

Author:清右衛門
みちくさ部長。北鎌倉たからの庭にて、草木についてのほほんと語る教室をしてます。教室&ワークショップ、ツアーや活動の記録、お知らせや、日々の雑感など。

ほかにも、編集的雑用・野草を生かしたランドスケープデザイン・植物調査・公共サインデザイン・グラフィックも少々やってます。

生態学畑。園生の森、おゆみ野の森でボランティア。
いけばな尚真。たまに俳句。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。