スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくらさくらん

ひねくれ者の僕はソメイヨシノがあまり好きじゃない。
あの、花がてんこ盛りで咲いて、「あちき、全力っす!」という咲き方がちょっと苦手…
なので、「最近、ソメイヨシノの良さが分かってきた」などと聞くと、
そのひとの溢れる大人振りに、切歯扼腕して
「やあー、僕はヤマザクラの方が好きなんですよね」と対抗してみたりする。
要はガキなのである。でも、ほんとはそんな大人ぶりが羨ましい・・・くっ



で、考えてみると、みちくさ部2年の間にゆっくり桜を見る機会はなかったわけなので、
鎌倉の桜ゆうたらやっぱり段葛のソメイヨシノとかよね。
まあ、山にはヤマザクラがあるよね。くらいの軽い認識だった。

こんな感じが、鎌倉の春(これは僕の写真)

P4152238x.jpg



※写真のほとんどは漆戸美保姐さん
の撮影です。突如僕が上手になったわけではありません(汗)



けれども、ついったで園芸界のプリンス辻幸治さんに、
三浦ではオオシマザクラが多いが鎌倉はどうだろうかと問われて、
はたと答えに窮した。そして、改めて思いを致した。
そうか、三浦半島はオオシマザクラの自生地ではないか!


オオシマザクラはけったいな分布をする桜で、名前の通り、
伊豆大島と、伊豆半島、三浦半島のわずかな地域にのみ自生する。
変異が大きく雑種も作りやすいので、園芸品種も多いが、
その母種があんまりないなりに、鎌倉にあるっていうことは、
鎌倉の自然の一つの個性として重要ではないかと、こう思ったわけです。

よしじゃあ、ソメイヨシノが終わったら
ワンテンポ遅れてヤマザクラ、オオシマザクラが咲くだろうと思ってのうのうとしていたら、
ソメイヨシノが狂暴に炸裂するのと同期して鎌倉の山々でも
ヤマザクラとオオシマザクラたちの饗宴がおっぱじまってしまった。


21_largex.jpg

街ではモクレンも


慌ててお花見トレイルを決行したのが11日。
よりによって雨の予報なれど、なんとかもってくれた。

5_largex.jpg
ヤマネコノメソウの種


ちょうど、先だっても花見なんぼのもんじゃいと、負け惜しみをがたがたぬかしておったのだが、
ここは一つ、鎌倉の桜のなんたるかをばちこーんと思い知したらぁーー!
と、よくわからないテンションで出かけた。
まずは浄明寺から二階堂の山手で住宅地の間を縫って歩き回って見る。
タチツボスミレ、ヒメウズ、クサノオウ、ウラシマソウなどが見ごろであった。
この人たちは鎌倉の春に欠かせない。


27_largex.jpg



そして、山を見やれば、予想以上に桜、桜、桜。
すでに展葉が始まったイロハモミジやミズキの鮮烈な緑に、
イヌシデやコナラの眠たげな芽吹きと混じって錦と山肌を染めている。
染めているというよりはまぶしてある。そんな感じ。

東勝寺の腹切矢倉から祇園山ハイキングコースへ。
タチツボスミレにムラサキケマンが咲き乱れていて不穏な空気は少なめ。
高時公も少しは春で気分が和らいでると見える。



24_largex.jpg


コース上には尾根伝いに点々とヤマザクラの大木。ときどきオオシマザクラが混じる。
どちらも花と同時に葉が展開し始めているので、
ヤマザクラは優美な鳶色、オオシマはみずみずしい緑がちらちらとしながら咲き誇っている。


祇園山が素晴らしいのは、尾根道で木々の間に間に、
隣の山の斜面や尾根筋に桜が無数にあるのが垣間見えるところで、
見えるたびに、あぁ、とか、おぉ、とか悦楽が訪れるので
まことに忙しく幸せなコースなんだと思う。


25_largex.jpg



垣間見える感じは、ひとつながりの絵巻物のようで、
ここはぜひ現場で見ていただきたいのでごわす。

しかも、ウグイスカグラまであって、もうすぐお迎え来るんじゃないかと思った(笑)
先日の深谷と違って濃い色がまたいい。

P4112114x.jpg
(こちらは僕の写真)


こんなに幸せで、バチが当ると困るなぁ


+++++++++++++++++++++++++++++

☆次回のみちくさ部

4月21日(土)13:30~ プチ和菓子つき。
ショカッサイに、タチツボスミレ、ウラシマソウ。いよいよ春本番!
http://takaranoniwa.com/program/workshop/post-17.html


☆みちくさ部入門編! @ピクニックガーデン

5月3日(木)~5月5日(土)10:30~ / 13:30~
ちょっと軽めのみちくさウォーク! ピクニックガーデンのお料理やワインと一緒にどうぞ☆
少しだけたからの庭を飛びだして、春爛漫を探しに行くかも!
http://takaranoniwa.com/program/event/post-68.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

清右衛門

Author:清右衛門
みちくさ部長。北鎌倉たからの庭にて、草木についてのほほんと語る教室をしてます。教室&ワークショップ、ツアーや活動の記録、お知らせや、日々の雑感など。

ほかにも、編集的雑用・野草を生かしたランドスケープデザイン・植物調査・公共サインデザイン・グラフィックも少々やってます。

生態学畑。園生の森、おゆみ野の森でボランティア。
いけばな尚真。たまに俳句。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。