スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蠢く

寒くて、雪が降ってときどき日射しが暖かい。
いつもより寒い冬だって誰もが言う。

僕は冬らしくていいと思っている。
飲み込む息が冷たくて、早く家に逃げ込みたくなるような冬。
ダウンが防波堤になって、

自分の中だけ生きてるぞって実感するみたいな。

P2279996x.jpg

それでも、否応もなく春が来るわけで。
その感じがすごく焦ることは焦る。
春が来たら、あっちこっちで花が咲きまくり、咲きまくったからには
どれかを選ばねばならず、見に行ったりあれしたりこれしたり。
や、別に頼まれてないことの方が多いのだけど。
そうせざるを得なくなっていく。


P2270004x.jpg

近所なのに言っていない場所がたんとあって、
あまり行かないでいると、諸方面から批判を浴びるので、という
消極的な理由で、すこしずつ回らんと欲すなのだけど。
勢い、勢いは大事。というわけで、荏柄天神と大江広元の墓へ。
純然たる、個人的なみちくさを食いに行く。まあ、写真を撮る。
写真と言ってもレンズをあれこれと変えるわけでもないし、
なにか写真展をやるあてなんてないけど、飽きっぽいわたくしが、
唯一飽きないでやってるのはこの写真をことくらい。

植物の栽培は下手なのと、いまいちウマが合わないので、
すぐ投げだすけども、写真だけは投げ出さない。なぜだろう。
ときどき、植物自体はどうでもいいのかもなどと考える。
それはそれでも、いいか。まあいいか。

P2279988x.jpg

天神さまは、高校のとき以来。当時は何も考えてなかったので、
そもそも鎌倉に来たな、くらいしか覚えていない。
つくづく、無駄な時間をすごしているけど、それがまあ下積みなんでしょう。
なんというか、有意義と思われる時間を過ごすための。


P2270040x.jpg

大江広元の墓のほうは、大船暮らしの頃来たのでまだ覚えている。
そして、おそらく鎌倉でいちばん強烈な印象を残した場所の一つだと思う。

3月で、現場が近くにあったので「へえ、大江広元の墓もあるんだ」くらいに
寄ったら、タチツボスミレやヤマネコノメソウが咲き乱れていた。階段に。
そして、うららかな(ほんとうにうららかなのよ、文字通り)春の日で、
入社2年目で慣れない営業に回され、あーもう大丈夫かわしみたいな感慨もありつつ、
心臓をわしづかまれちゃったわけですよ。大江広元になんの縁もないけれど。

P2270042x.jpg


僕に、鎌倉愛があるとして、そのスタート地点はあの日だと思う。
「ああ、鎌倉っていいとこだな」って思った。
ビーチでもないし、有名なお寺でもないし、おいしいお店でもないけど。

あの、何やっていいか分からない春の日に、
石段を埋め尽くす(そんなにはなかったと思うけど、心象的には)タチツボスミレ。
ネコノメソウ。ヒメウズ。キランソウ。ヤブツバキ。

それが僕にとっての鎌倉そのものなんだと思う。

P2270037x.jpg


舞い戻って、仕事で缶詰していることが多いけど、
常に鎌倉ってなんだろうとどこかで考えている。
ここに呼ばれた(と、思っている)のはなぜなんだろう。

よく、市外の人には「おいしいお店は」「おススメのスポットは」って聞かれる。
でも、実をいうとそっちはあんまり興味がない。
もちろん、知りたい、けれど。


そのことよりも、そういうものを剥ぎ取った
鎌倉の素肌というか、すっぴんにいちばん興味がある。
世界遺産になるとかならないも、観光客の数が多くても少なくとも
(それなりにあるけど)でも、やっぱり興味はない、ないよな。。あ


P2279998x.jpg

ここでは、そういう意味で、みんなが欲しい鎌倉情報は
出てこないと覚悟を決めてほしい(←たぶん、期待はされてない)(キリッ


そういうわけで、広元の墓などに行く。
こないだ来たときは、椿しか咲いてない。
このひは、ずいぶんタチツボスミレもヤマネコも咲いていた。



むかし、感じたような強烈なパンチは感じなかったけど、
そういう変化を(自分であれ、その場所であれ)感じるには定点観測に限るので、
それもまたよし。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
次回のみちくさ部は2本だて!

★みちくさ部春のスペシャル「徹底的に、椿」★
3月24日(土) 10:30~ アロマテラピスト、木田順子先生をゲストにお迎えして、
椿の美から椿オイルまで徹底的に掘り下げます!


本家・みちくさ部 
3月24日(土) 13:30~  いよいよ、春。みちくさの名前を覚えたい人も、そうでない人も。
椿はもちろん、ショカッサイ、ハコベ、ヤマネコノメソウなど、春が走り出します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

清右衛門

Author:清右衛門
みちくさ部長。北鎌倉たからの庭にて、草木についてのほほんと語る教室をしてます。教室&ワークショップ、ツアーや活動の記録、お知らせや、日々の雑感など。

ほかにも、編集的雑用・野草を生かしたランドスケープデザイン・植物調査・公共サインデザイン・グラフィックも少々やってます。

生態学畑。園生の森、おゆみ野の森でボランティア。
いけばな尚真。たまに俳句。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。