スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つばきの頃

鎌倉に棲んでるとなると、それを聞いたひとの第一声は「いいですねぇ」
ということが多いのだけれど、性格が曲っているので

「ええまあ、いいところそうでもないところがあります…ごにょごにょ」
と身も蓋もないことを言ってしまう今日この頃。

P1308732x.jpg


万事コンパクトで、とにかく駅まで歩いてたった15分で、
谷のさしわたしを移動するのも自転車で20分かそこらというのは感動的に素晴らしい♪
市原は谷のさしわたしで1時間半はかかる…養老川が大きいから。

コンビニも歩いて5分とかからない(前は30分)。
一日に50本近くバスがある(前は2本)
などなど、がいいところ。
ちょっと変わったところは、鍵をあけっぱなしで出かけられない
当たり前だけども・・・鍵をかける習慣がないとけっこうハードルが高かったのでした。

P1308764x.jpg

植物的には、親しんだ田んぼの植物が見られなくなって少しさびしい気持ちも。
そのかわりにスハマソウとかリンドウとか、ヒメウズとか少し奥まったところの花が
身近に見られるのはいいかな。ヤマネコノメソウもたくさんあるし。

P1308772x.jpg

光は少し弱い感じ。市原の凶暴なほどの明るさと吹きすさぶ風はやはり独特。
鎌倉の風は常に谷の上を舞っている。夜になると、谷底にしんとなにものかがうずくまっているような。

P2028787x.jpg


少しずつ散歩に出かけている。
今日の写真はたからの庭に忘れものをとりに行った時の写真と
頼朝の墓と大江広元の墓に行った時の写真。ヤブツバキの季節だ。


P2028799x.jpg

谷谷で相性がある。頼朝と広元のお墓はどうもよろしくない…
やっぱり覚園寺や鎌倉宮の界隈がいちばんいい。妙本寺もしっくり。
だんだんそういうのもあって、濃厚な味わいの、冬。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

清右衛門

Author:清右衛門
みちくさ部長。北鎌倉たからの庭にて、草木についてのほほんと語る教室をしてます。教室&ワークショップ、ツアーや活動の記録、お知らせや、日々の雑感など。

ほかにも、編集的雑用・野草を生かしたランドスケープデザイン・植物調査・公共サインデザイン・グラフィックも少々やってます。

生態学畑。園生の森、おゆみ野の森でボランティア。
いけばな尚真。たまに俳句。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。