スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紳士のスポーツ

小糠雨から霧雨、きゅうに晴れ。
なんだか慌ただしくて落ち着かない日だったいね。

ツイッタで、@eco_mikids さんから、ゴルフ場開発について
聞かせてくださいとのリクエストをいただいたので、
しからば、お話しいたしやしょう~なんて、
偉そうに言うほど、開発の業界に深くコミットしたわけでも、
環境アセスメントに関わったわけでも、
はたまたゴルフ場に務めたことがあるわけでもないのです。が、

ただ、さまざまな成り行きで一通り語れることがあるよなーと
思ったわけであります。べべん(三味線)

僕はところで、ゴルフをしたことがない。
ゴルフをするような富裕層やサラリーマンの方とのお付き合いがないからです。
とはいえ、テレビでやっていると、それなりに楽しく観る。
かつては、個性的な容貌の男女が、驚嘆に値するファッションで
ボールを打ち合うという印象があったけれど、このところはみんな
外見にも気を使ってきたので、ストレスなく見られます。

なんとも言えない、間が流れるのもいい。
プレイヤーが次々に切り替わる様子はけっこう飽きないし、
切れのあるプレーをする選手がいると、ボールの軌跡を眺めるのはとてもいい。

大学生ぐらいまでは、ゴルフというものは僕にとって「憎しみ」の対象だったので
その頃からすれば隔世の感があるのです。なんでまた、憎む羽目になったか。
今からすれば、バブルの断末魔の一断面に遭遇したからっていうと大袈裟かな。

P9241681x.jpg
袖ケ浦市役所から北側を望む




僕の母の実家は埼玉県の越生町というところにあって、
なんの変哲もない山あいの町なのだけれど、
あまりなだらかでもないこの町に、
ゴルフ場の開発の話が持ち上がったのはもう20年以上も前だろうか。

野鳥の会に属していた叔父がすぐさま、反対運動に身を投じたし、
町長選では反対派の候補も立ったけれど、「お金を落とすゴルフ場」と、
(当時にすれば)「一文にもならない自然」だったら、結論は見えていたのだろう。

子供のころ遊んだ小さな沢があって、サワガニがいたり、
石灰岩がごろごろとあって、水晶が採れる洞窟があったのだけれど、
みんなまとめて重機が均してしまった。
僕の「憎しみ」はこの叔父たちの反対運動によるところが大きい。

P9241829x.jpg
袖ケ浦、花房平の畑



ゴルフはよく、紳士のスポーツだと言われるけど、テレビのゴルフ選手以外で、
「紳士」のゴルファーというものに僕はお目にかかったことがない。

五井駅で観察していると、
だいたいは、似たようなゴルフウェアに身をつつみ、平日なら接待。
休日でもまあ似たりよったりのサラリーマン集団ばかりで、話す内容と言ったら
「○○部長の指示の仕方が」「××ちゃんは、まだお嫁にいかないの?」という
典型的に退屈なサラリーマン的な話題だし、表情は片手に持ったビールで弛緩し、
加齢臭芬々。あれを、紳士というなら辞書の記述の方を修正したまえという具合だ。

けれども、なんの因果かかつて、「湘南カントリー倶楽部」というところで
ちょっとした仕事があった。茅ヶ崎の人はよく御存じだと思うけど、
けっこう古いコースで、植えられた松の木も大きいし、クラブハウスも決して大きくない。

何人かの方と名刺交換をしたら、支配人とか副支配人とかに交じって
本郷台の隠居だという方がいらして、聞けばさる財閥系の重役だったという。
詳しくは忘れたけど、紳士のスポーツとしてのゴルフの魅力について、
20代前半のハナタレガキに、ずいぶん丁寧に教えてくれた。
「そのうち、あなたもやってごらんなさい」という。
「クラブを買うお金がありません」「なに、そのうち稼いだらいいのです」などなど

後日、会社に電話があって、判らない花の写真があるから教えてほしいという。
郵送してもらったら、レモンエゴマだったので、そのようにお手紙を差し上げたら
また、丁寧なお礼状が届いた。なるほどね。いまにして思えば、そういう気持ちのいいやりとりが
たくさん、積み重なれば、ハナタレガキも紳士になれるんだと思うけど。
五井駅に蝟集している紳士ならざるゴルファーたちにはそういう積み重ねがないのだと思う。
「どうもどうも」と言って日々暮らしているだけだからかな。

P9241858x.jpg
袖ケ浦、延命寺



さて、わが市原市は「ゴルフ場銀座」の称号をほしいままにしているほど
ゴルフ場がたくさんあるので、しまいにはゴルフ場を禁止する条例を作った。
中房総ぜんたいが、柔らかい地質なので均しやすく開発がしやすいからでしょう。
コンクリートの材料になる山砂採集と、産業廃棄物と、ゴルフ場。
農業がたちゆかなくなった地主たちから買い集めた土地が金の成る木になる。
今でも、そのへんを通りかかると不自然な豪邸と対照的な古い家を見ることがあります。
売った人と、そうでない人。

高速道路の時もそうだったわけだけど、そうとうのお金がバラまかれ、
(それとは比較にならないお金が「彼ら」の懐には入ったことでしょう)
お金のもらうもらわないを巡って、醜いいさかいがたくさーんあったようです。
よう知らんけど。

こうした話は、なかば神話のようなもので、地元のひとはそうだと思ってるし、
事実そういう変な豪邸もあるし、誰それがいくらもらったという話もあるけど。
まじめにつっこむ殊勝なジャーナリストがいるでもないので、よくわからない。
でも、少なくともそういうバブル期の押せ押せ経済のネガの部分を
このへんの土地が引き受けたことはどうやら確かなようです。

膨大な量のエビネやらクマガイソウ、雪割草なんかも売れるので
根こそぎ掘りつくされ、袖ケ浦市のMさんという植物好きに言わせれば
「すっからかんですよ。すっからかん」
僕は、彼ほど憎しみを全身にまとった植物好き人というのを見たことがない。

PA310146x.jpg
袖ケ浦、川原井。絶賛山砂採集中。羽田拡張のころ




さて、ゴルフ場も産廃もすべて養老川の水源にあるので、農薬をまけばどんどこ流れてくるし、
産廃からなにか出ればどんどん下流にたまることになるでしょう。
県やなんかが調べているのかもしれないけど、問題があるかどうか、知らされたことはないままです。
(もっとも、最近はそれほど強烈な農薬は使わないらしいけど。あと、農家もじゃぶじゃぶ農薬使うし)

なので、ちかごろの放射能騒ぎを(特に東京以南のそれについては)複雑な思いで見るのです。
さいわい、問題なく育っているけど、農薬と産廃のじゃぶじゃぶ注ぐ川っぺりに
生きてるってことはどうなんだろう。そういうものだ、と思ってるけど。どうなんだろう。

ゴルフの期限は諸説あるけど、発展したのは、スコットランドの草地だそうな。
日本だったら、常に草刈りか火入れをしないと、ゴルフができるような草原は維持できない。
だから、膨大なコストと農薬がどうしても必要になる。
バブルにいたる経済成長が、「紳士っぽい」スポーツとしてのゴルフを求めたわけだけど、
今に至るまで、あまりこういう言い方は好きじゃないけど猿真似でしかない。

P9241861x.jpg
袖ケ浦、延命寺。本堂




でも、@eco_mikids さんが「スポーツをする人が森(自然について)動く」っていう話を
してくれた時に、まえまえから思っていたことをつぶやいていたのだ。

これは、宮里藍が脚光を浴びたころから思っていた。
僕が子供のころから見てきたような、汚濁に満ちた場所でわたしたちはプレーしていますって
誰か謝るとか、謝らなくてもいいけど、お礼とか、言ってくれないかな。と。
わたしたちは途方もない犠牲を払って、それでもゴルフをしています。誇りを持って。
誰よりも命をかけてゴルフをしているのです。と、言ってほしいのかな。
でないと、報われないもの。

ゴルフじたいがにくいのではなくて、むしろ好ましいと思うからこそ。
開発そのものを目的として乱造されたゴルフ場が没落しているのを見て、
ようやく、狂気の時代が終わると安堵さえしているのです。
よいコースだけが生き残る。それは、「湘南カントリー倶楽部」のような
よく手入れされて、あんまり変な農薬使ってない、ちゃんとした紳士が来るゴルフ場。

ビール片手にセクハラしてるだけのゴルファーではなく、
その場がどんな成り立ちかを知っていて、
それによって失われたものについて思いを馳せられるようなゴルファー。想像力のある。
願わくば、森の手入れを率先してしちゃうような。公を重んじる。

それが、紳士だと思うです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

清右衛門

Author:清右衛門
みちくさ部長。北鎌倉たからの庭にて、草木についてのほほんと語る教室をしてます。教室&ワークショップ、ツアーや活動の記録、お知らせや、日々の雑感など。

ほかにも、編集的雑用・野草を生かしたランドスケープデザイン・植物調査・公共サインデザイン・グラフィックも少々やってます。

生態学畑。園生の森、おゆみ野の森でボランティア。
いけばな尚真。たまに俳句。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。