スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

周北極要素

そんな、難しい言葉使わないでも。と思う。
けれども、つい使ってしまう。
植物地理学で使う「周北極要素」とか「環太平洋要素」とか、「ソハヤキ要素」とか
この植物の分布にはミステリーが隠れてるぜ…という含みがあって盛り上がるのである。

つまり、北極を囲むようにして点々とあるよ、という分布の仕方を表すんだけれども、
氷河期の生き残りという感じがあって、その「生き残り」というのが
(貴重だ貴重だと言うことよりも)なんだかぐっとくるのである。

オオウメガサソウのことである。
イチヤクソウを見たと思ったら、僕の喋りの師匠が、ひたち海浜公園
勤めることになった…それも、掃除のオッサンではない。ばりばりの管理職としてである。
60幾つでそういうお呼びがかかり、かつ、若者ばかりの中で快刀乱麻(?)
ううむ。そういう大人になりたいものだ。

で、この時期、オオウメガサソウ(イチヤクソウ科)が咲いて、
ふだん非公開の部分がオープンになると言うので、どれどれとお邪魔しに行った。

公園じたいは、まあとにかく大きいのだが、未公開エリアはもっと広い。
アカマツ林にヤマウルシやらネジキやらがわーっと入って遷移まっ盛り。

どうも、アカマツの腐植に対応してオオウメガサソウが出てるっぽい…
実に、福島の山中で見て以来、10年ぶりの再会である。
寝そべらないと撮れない…でも、可憐だぜ。
○リスマスローズなんて目じゃない。

ooumegasa

茨城、青森のみと言うことになっているが…東北は広い…。太平洋側の乾性系針葉樹林に
まだ、隠れているような気もする。
あとはカナダなどの北の方にあるので、日本では退却中というところ。

親戚のウメガサソウも…
umegasa

この葉っぱがハードな感じがなんかプレミア感があってよいのです。
あと、ここでもイチヤクソウ。ちょっと色素濃い目。
ichiyaku4

あとはいろいろ。ナツハゼ
uguisu

ウグイスカグラ、の実
uguisu2

植栽かな? バイカウツギ
baika

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

清右衛門

Author:清右衛門
みちくさ部長。北鎌倉たからの庭にて、草木についてのほほんと語る教室をしてます。教室&ワークショップ、ツアーや活動の記録、お知らせや、日々の雑感など。

ほかにも、編集的雑用・野草を生かしたランドスケープデザイン・植物調査・公共サインデザイン・グラフィックも少々やってます。

生態学畑。園生の森、おゆみ野の森でボランティア。
いけばな尚真。たまに俳句。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。