スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPad

市川で暑い暑いと言いながら写真撮影をしていたら、林檎屋さんからメールが来ていた。
24時間以内に取りに来いというあれである。電波少年かまったく…
と、思いつつそういう制約のあるゲーム的な状況は好きなので可。

ついてる! 家からだと、どっこいしょという距離である。市川からなら30分以内。
銀座にたどり着いたのが17時。帰宅したのが21時。

…あれ? あれ?
まず、受け取りの手続きのために店の外で行列を作る羽目になった。
とうぜん、行き交う人たちは「あ、この人たちiPadの行列なのよ」と
遠慮なしに視線を浴びせかけてくる。浴びせ倒しである。

もっとも、「iPadで行列しているヒト」という擬態のお陰で、
つくづくと銀座人たちを観察できたのは収穫であった。
すくなくとも、一眼レフ下げてきょろきょろ被写体探している
いかにもアーティスト風な(けっこういた)オッサンよりは、
怪しまれないという点でお得である。

まずは行列の面々を観察。デザイン業界風の人、金持ちの使いで来た風の人、
なぜか70代くらいのお兄さん、堅気ではないカップル、インド系のビジネスマン。
などなど、なんというか怪しい人が多い…(人のこと言えるか)

道行くひとは、仕事中のビジネスマンにお買物の主婦&若者が優占。
ビジネスマンは60代は颯爽としてる人が多いなぁ。それか、ギラギラ系。
50代以下は、どんよりしている人ばかり。不景気だからね。
よれよれスーツも、びしっとスーツも一様に不景気な顔をしている。
スニーカーにコットンタイにパリパリしたジャケットといういかにもな
20~30代ビジネスマンの澄ました顔もなかなか面白い。
千葉駅前に置いたらカツオノエボシみたいに浮くだろう。

お買い物組は、ご夫婦も結構いる。
平日休んで、銀座で買いものなんて。乙なことですね。うらやましい。
若者は日本人3に対して、中国・韓国・タイあたりが6、欧米が1といったところ。
新宿もそうだったけど、高価格のショッピングは彼らの方にかかってる。よろしくね。

日が陰ってくると、水商売の人が増えてくる。
となりの新橋にいたので、わりと見慣れているが、
あまり区別がつかない。もっともよくメディアに出るような
高級な店の方々はそうそう出歩くまい。

流行のファッションに身を包んだ…なんていうの、ギャル?死語?
ともかく10代後半~20代の可処分所得の高い女子の皆さんは
個別になんだか目線が強烈な人が多くて、ゆるファッションでぺたぺた歩く層が
いないのがどうも座りが悪い。(銀座には高校生があまりいない)
ともかく、こうした可処分所得の高い女子の皆さんはこの先どうして
生きていくのだろうか…と余計なお世話な事を考える。
都市のコアで、都市的なファッションに身を包んだ全身戦闘態勢の状態で、だ。
などと、埒もないことを考えながら3時間…うふふ

ともかく手続きは済んだ。林檎屋さんのスタッフの人は、
「羨ましいですね!僕なんか仕事でこうして説明してますけど、
まだ自分の持っていないんですよ~」と持ち上げてくれるのだが、
林檎フリークではない僕は、「えへへ、そうなんすか」と
煮え切らないリアクションをしてしまった。
(先日よりも良心的なスタッフでよかった)

「魔法のような」とJobs氏が言っていたが、iPhoneを見慣れていると
タッチパネルやなんかに意外性はない。想像のとおり、操作性が良いなぁという感じ。

どっちかというと、
これまでのノートパソコンとか、不必要に高性能な携帯とかが
いかに中途半端だったかということが分かった点が魔法のようだ。
「こんな風だったらいいのになぁ」という希望に対して、
「まあ、業界の方もいろいろ頑張ってるんでとりあえずこれで。めんごめんご」
と、誤魔化されてた感じ。
3Dテレビとか、アホなこと言ってると、取り返しがつかなくなるよ…

メールチェックとブラウズはスムーズに。3Gだとグーグルマップが遅いのがやや難。
でも、これはしょうがない。
写真や地図を小人数で見ながらプレゼンテーションするには最適なサイズだ。
主にその点を期待していたので、いうことなし。
お絵かきアプリも落としたので、絵を描いて説明もしやすい。
凝ったゲームは食指が動かないので、その点でまだまだアプリ不足の感がある。
WEBページに毛が生えたようなのが多い。
マインドマップが作れます、とか、そういうのはどうもね。裏紙にメモった方が早い。
電子書籍はいいと思うけど興味なし。
不要な本が多すぎるので、紙を浪費しないだけ節約になってよろしいが、
有用な本は紙で読まないと頭に入りません…古い人間ですから…

ともかく、もっと遊ばないと。

iPad
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

清右衛門

Author:清右衛門
みちくさ部長。北鎌倉たからの庭にて、草木についてのほほんと語る教室をしてます。教室&ワークショップ、ツアーや活動の記録、お知らせや、日々の雑感など。

ほかにも、編集的雑用・野草を生かしたランドスケープデザイン・植物調査・公共サインデザイン・グラフィックも少々やってます。

生態学畑。園生の森、おゆみ野の森でボランティア。
いけばな尚真。たまに俳句。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。