スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうカエル

なんか最近、涙ぐんだり怒ったり忙しい。歳だろうか。
少し落ち着いた感じのカタイ話を(笑)

最近、千葉から出ると都内と横浜と鎌倉と…変哲のあるところばかりだから
世の中の変哲のない地方に疎くなってきている。
よく政治家の言っている地方の危機はとりあえず本当のところだと思う。
お金を食う構造なのにお金が回ってこない状態。
やっぱり千葉の田舎の山林、田畑はやっぱり荒れている…わずかなサンプルだとしても。

僕の集落は人数も少ないし、それぞれ好き勝手やっているけれど、
主要3家が締めている(?)からそれほど危機でもない。
それでも、2つの家が無人の状態。残っている家々も人手がなくて手入れがままならないありさま。

こないだおゆみ野の先輩たちが、竹を切りにきてくれたのだが、
とうとうたまりかねて、「この竹林をなんとかしたい!」とまで言ってくださった。
田舎人とすれば意味分からんのですが、そういう気持ちにさせるほど荒れているらしい…

領主(?)からすれば、手入れがなってないのは自分の責任なので、
お金を払うならまだしも、好き好んで竹を切ってくれるだなんて、天使?神さま?
というような不思議な感覚だ。ほんとうにありがたい話だ。ありがたやありがたや。
そりゃ竹切りもたまには楽しいけれど。
いっぽうで、そういう感覚の落差さえうまく調整すれば地方の問題はまだまだ解決の余地があるってことだ。

文化人類学者に当たる、のかな?宮本常一+安渓遊地著『調査されるという迷惑』という、
地方でフィールドワーク(主に対人)をする上での心構えを書いた本を読んだ。
田舎の人々が、都会からやってくるある偏った思考にとらわれた「バカセ」たちによって
人間関係を攪乱され、古文書を奪われ、(一定の範囲ではあるが)共同体が壊されていくさまを描いている。

実際に、地方の集落に赴き、酒を酌み交わしながら調査を進めた人の知見なわけだが、
びっくりしたことに、僕の知る範囲でそんな壊されるような村の共同体はもはや存在しない。
あるのは個々人が気ままに暮らす拡大した都市的な集落ばかりだ。
かくいう僕の集落もそのご多分に漏れない。

それが嫌だ!なんていうつもりはさらさらない。旧来のみっちりした共同体は良い面ばかり強調されるが、
学校に行き、本やネットで情報を得る現代人にとってはちょっとしんどい制度だ。
これからは、そういう情報媒体の存在を前提にした新しい共同体の単位が模索されるんだろうと思う。

それにしても自治会(市原は町会)の制度を温存しながら、地域の意思決定を進めるのはそろそろ
無理があるような気もする…世話役不在で任意の参加だと、毎度おなじみの一握りのメンバーで
意思決定がされてしまう。それはそれでいいという話になる。
多様な住人に対応したゆるくて柔らかいシステムが必要だなぁ。

個人的には、町会の単位が大きすぎるという気がしている。五人組くらいの細かい単位で
(その場所によって相応しい単位は違うと思うけど)意志決定したほうがスムーズだし、
具体的な対応がしやすい。近隣町会を糾合して取り組んでいたような課題は、近頃行政がやってしまう。
道路とか水路とか池とか土地改良とか。
あとは単位間の調整インフラがあればよいように思う。

内田樹が『廃県置藩』を提唱しているがまったく同感だ。県では広すぎて細かい対応ができない。
さまざまな資源量に応じて自立可能な地域を「藩」にして回した方が無駄が減るだろう。
少なくとも、北海道で作った野菜を関東で消費するようなアホナことは減るだろう。

安渓氏が目の当たりにした共同体の崩壊は、もう不可逆的に進んでしまっている。
少なくとも関東では。長所は風通しがよく自由な気風であり、短所はセーフティーネットの脆弱さだ。
ほんのちょっとのアイデアが必要なんだけど、思い付かない。
闇雲に動く人もいるけれど、闇雲に動く人がいなくなったら回らなくなる。
もうちょっと持続可能…なんかいい方法ないかな。これは継続審議。

kael





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

清右衛門

Author:清右衛門
みちくさ部長。北鎌倉たからの庭にて、草木についてのほほんと語る教室をしてます。教室&ワークショップ、ツアーや活動の記録、お知らせや、日々の雑感など。

ほかにも、編集的雑用・野草を生かしたランドスケープデザイン・植物調査・公共サインデザイン・グラフィックも少々やってます。

生態学畑。園生の森、おゆみ野の森でボランティア。
いけばな尚真。たまに俳句。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。