スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

便箋歌

クラムボンの真似して、今日はあなたに手紙を書きます。
何か期待しているそこの君、そういうのとはまた違うからね。
(なんだそりゃ)


お願いがあります。
どうか、僕より長生きしてください。
少なくとも僕の目の黒いうちは、ぴんしゃんとして
いつも元気で、華やかに笑っていてください。

学生の頃みたあの映画のように、そのことだけを
考えながら天国へ旅立ちたいななんて。
すこし贅沢かもしれないけれど。

あなたがこの世界に生きていて、息を吹き込んでいることがすごく、
素晴らしいって思う。
そうでなければ、世界はしなびたみかんみたいな風通しのわるい場所で、
吹き通る息が雲を作って、いつでも僕を守ってくれている。

写真2x


こんなにも心安らかなことってなかなかない。なかった。今まで。
何も恐れないで眠りに就くことができる素晴らしさ。
早く家に帰りたいと思う、明日が早く来ないかなと思うこと。
同じように、帰りたくもないと思うことや明日が来なければいいと思うこと。
コントラスト。鋭い峰に、穏やかな谷、艶やかな稜線、なだらかな窪地。

写真x



明日何をしようか、来週は何をしようか。来月はなにをしようか。
来月にはリンドウが咲いて、もうすぐ菊が咲き乱れて、紅葉があって、雪が降って、
その間に虫たちが冬眠して、浜には貝が打ち寄せられる。
いくつも、いくつでも。それらはときどき白くて、絣だったり、黒かったりして、
砂をいくぶんか纏っていて、ときどき吐き出す。

人生は短いし、永久に続くことは何ひとつないけれど、
束の間、(その束の間がなるべく長いことを祈る)
僕の前に現れてくれてありがとう。僕は幸福です。
それだけで、いくぶんかましな人生を歩くことができるように思う。
いくぶんかまし、というのはあんまりだけど、
少々の欲くらいは持っても罰は当たらないのではないかな。どうかな。


という言葉は、たぶん直接言うにはまだとても軽い。
発泡スチロールみたいに軽い。洗濯機の泡みたいに軽い。
軽いけれども、今日の日の記念のためにここに記すのであります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

清右衛門

Author:清右衛門
みちくさ部長。北鎌倉たからの庭にて、草木についてのほほんと語る教室をしてます。教室&ワークショップ、ツアーや活動の記録、お知らせや、日々の雑感など。

ほかにも、編集的雑用・野草を生かしたランドスケープデザイン・植物調査・公共サインデザイン・グラフィックも少々やってます。

生態学畑。園生の森、おゆみ野の森でボランティア。
いけばな尚真。たまに俳句。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。