スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Even so

最近、千葉駅ビルの新星堂でBonnie PinkのCDがなかなか入らない
(ような気がする)
仕方ないのでアマゾンで注文。結局最初からアマゾンが
早くとも、箱がね…貯まるし、森へ行ったついでのほうがいいから。

一番新しいのじゃなくて買い忘れていた『Even so』のほうが先に届く。
染みるぜ…ベストで惚れていた『Private Laughter』『Last Kiss』の
流れだから期待していたのだけれど、いや~。いっや~。いっや~。
外れの曲がないな。すごいなBonnie選手(おっさんか…)。ってだいぶ前のアルバムなんだけど。
『Just a girl』『Present』で独特の歌い方がくどすぎるかも、と心配したものだ。
(あくまでも心配というところがファン心理なのだ)

なんか、トーレ・ヨハンソンって感じが満開で
(どの辺がというのはよくわからない)
メロディーがよどみなく、つっかからず滑らかに流れていく。
特に『Ocean』『1・2・3』かな。今年最高の出来事っていい言葉だな。

高音がきれいな曲が多い気がする。とてもよい。
こういうアルバムは浅い川みたいにさらさらと流れて前に連れてってくれる。

Even SoEven So
(2004/05/12)
BONNIE PINK

商品詳細を見る

スポンサーサイト
プロフィール

清右衛門

Author:清右衛門
みちくさ部長。北鎌倉たからの庭にて、草木についてのほほんと語る教室をしてます。教室&ワークショップ、ツアーや活動の記録、お知らせや、日々の雑感など。

ほかにも、編集的雑用・野草を生かしたランドスケープデザイン・植物調査・公共サインデザイン・グラフィックも少々やってます。

生態学畑。園生の森、おゆみ野の森でボランティア。
いけばな尚真。たまに俳句。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。